訪問看護の現場

一日の流れ

わたしたち訪問看護の現場の一日の流れを紹介します。

出社

8:15

訪問看護スタッフは少し早めに出勤し情報収集をします。
シフトの確認とスタッフ同士で利用者様の情報交換をします。

 

朝礼・清掃

8:30~8:40

全員揃っての朝礼です。
時間外に緊急連絡・緊急訪問があった内容と状況を報告します。(申し送り)
前日の訪問で気になった利用者様、その注意点等を各スタッフから報告し、情報を共有します。(セラピストとNs間での情報の共有も大切ですね。)
「チームゼロのミッション」「チームゼロの約束」の唱和を行います。
私たちは、この使命と約束を一番大切にしています。

月・水・金曜日は事務所内外の清掃をします。
訪問時間の早いスタッフは訪問に出かけ、空いた時間に清掃します。

午前業務開始

8:40~

いよいよ業務開始!利用者様に安心してご利用いただけるように、スタッフ同士が丁寧なコミュニケーションを気をつけています。
ステーションを出発し、訪問のスタートです。
移動距離や開始時間で出発する時間は変わりますが、訪問バックを持ってカーナビをセットし訪問先へ向かいます。

 

午前訪問

9:00~11:30

利用者の住む場所に向かい、そこで利用者の主治医の指示書に基づいた医療処置を行います。その内容は利用者によって変わりますが、カテーテルの交換やインシュリンの注射、点滴、血糖値の測定などが代表的なものとなります。
午前中はだいたい2件ほどの訪問を行います

 

昼食

12:00~13:00
ランチ時間は、現場の状況によって変わります。スケジュールを考慮して時間を調整しています。

 

午後訪問

13:00~16:40


午後業務のスタート!午前に引き続き、利用者の住む場所に訪問しサービスを行います。午前同様、訪問先で看護業務をおこないながら、医療処置だけでなく、療養上のお世話もおこないます。午前中はだいたい2件〜3件ほどの訪問を行います。

 

ステーションに帰社

17:00

訪問先からスタッフが、ステーションへもどります!
記録の記入や報告書の作成・報告業務などをおこないます。
日々の看護ケアのなかで得た情報は日勤帯スタッフと夜勤帯スタッフが必ず共有。
患者さんとのコミュニケーションはもちろん、スタッフ間でのコミュニケーションを密にすることが大切です。

 

※看護記録や実績入力はタブレットを活用し、訪問先で入力します。時間短縮!!
※訪問のキャンセルがあった場合や空いている時間に、訪問看護計画書・報告書の作成を行います。
計画書・報告書の作成もタブレットで!外出先でも効率的に仕事が出来ます。

 

勤務終了

17:30
1日の訪問状況の申し送りをし、翌日のスケジュール確認・準備などが終われば、業務終了です。お疲れさまでした。
訪問看護のゼロは、夜勤が無いので、子育て世代が安心して働ける職場です。

あなたにおすすめの記事おすすめする旬のトピックスをお伝えします!